閉じる

会社案内

会社概要

社長メッセージ

レッキス工業は1925年に創業しました。

創業以来、社是「三利の向上」の精神を受け継ぎ、「独自の技術とサービスで豊かな社会造りを実現する」「感動を与える製品・サービスを提供し信頼される会社を実現する」「社員一人ひとりが元気と笑顔で、働きがいのある会社を実現する」といった「理想の姿」に向けて、新たに中期経営計画をスタートしました。

当社では、水道やガスといった私たちの生活に欠かせないライフラインを支える配管工事用の機械工具の製造を行っています。近年は、耐震性や環境といった社会的要請も高まり、地震に強く環境にもやさしい「転造ねじ」や「ポリエチレン管用の機器」を使った工法の普及にも注力しています。

また、これら災害時に無くてはならない機器を製造しているという社会的責任に応える為、リスクマネジメントにも取り組んでいます。人の安全はもちろん災害時でも安定的な供給体制が取れるよう、海外の二工場(中国・アメリカ)や、新しく立ち上げたレッキスインド会社とも連携し、グループ一丸となって皆様に信頼される会社を目指します。

今後ともなお一層のご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

会長 宮川恭一と社長 宮川純一の写真

社是「三利の向上」

三利とは、「お客様」、「社員」、「社会」の三者の利をいいます。この三者がいかなる場合にも共に利があるように全社員が一丸となって努力します。
各人が互譲、信頼の精神をもってお互いの人格を尊重しあいここに社員の和を完成し、次いで共治・共栄・共福を達成して三利の向上を果たします。
三利の向上

For the NEXT STAGE

「切る」「つなぐ」「環境保全」をテーマとし、大切なライフラインを支える配管設備の提案や課題解決を中心に、レッキスならではの技術とアイデアで貢献いたします。社会にもお客様にも、安全と安心をお届けするため 地球環境にも配慮し、長く愛される商品をつくり続けられるよう、 これからも努力を続けてまいります。

私たちのものづくり「お客様の心を捉えるものを造る」

私たちのものづくりは、「お客様の喜んで頂く顔」がコンセプトです。 独自性・感動・創造性の3つを開発のポリシーに、現場作業に見合った最適な商品の提供を志しています。実際に使っていただく作業者と作業現場に密着した商品開発のために、お客様の声に耳を傾け共に歩んでいきたいと考えています。

  • Safety安全性の追求
  • Data Storageデジタル化によるPCとの連携
  • Innovationユニークなアイデアの実現
  • Ecology明るい人間社会の未来へ

企業情報

創立 1925年8月
設立 1965年2月
資本金 9,000万円(グループ合計:10億5,000万円)
代表者 代表取締役会長 宮川恭一
代表取締役社長 宮川純一
本社 大阪市中央区西心斎橋1丁目4番5号
工場 大阪府東大阪市菱屋東1丁目9番3号
支店 東京・大阪
営業所 札幌・仙台・東京・前橋・神奈川・名古屋・大阪・広島・九州
従業員 180名(グループ合計:300名)
事業内容 パイプマシン・各種切断機・融着機・銅管工具・ダイヤモンド機械工具・環境機器などの 企画、設計、製造、販売、水処理事業、ホースアメニティ事業など

ご不明な点がありましたら、
お気軽にご相談ください!

0120-475-476

(月〜金 9〜12時、13~17時)

マイページ」に無料登録して頂くと、オンラインでご相談頂くことが可能になります。