閉じる
注目!レッキス工業の会社見学

その3 お客様、社員、社会や地域を繋いでいます

「モノを作る前に、まず人を作る」という思いからはじまりました。

創業者の宮川作次郎は「モノを作る前に、まず人を作る」という考え方を実践するために、奨学金制度や技能士制度など人材の育成、障がい者雇用の推進や、社会・地域との関わりを積極的に持ち続けることに取り組みました。今でいうCSRという言葉にあたるのかもしれませんが、まだそんな言葉もない当時から、現在の社風につながる礎は築かれていました。

地元の高校や支援学校の生徒さんの職場体験を受け入れ、技術指導はもちろん、働き方やものづくりをしているという楽しさを次の世代に伝えています。

職場体験などでは、 「左利き用の工具」や、「いつもは簡単に行なっている作業が、初めての方には難しい」など、我々レッキス社員にとって製品 ・サ―ビスの提供のヒントにもなることもたくさんあります。

近くの支援学校の生徒さんが授業の一環として、レッキス工業が敷地内で提供する花壇に花を植えてくれています。そのお礼に支援学校さんには防災用品を寄付させていただいています。そのような支援学校とのつながりを大切にしています。

レッキス工業本社工場がある東大阪市のお祭りには社員の有志がボランティアとして積極的に参加。収益金は、大阪府布施障害者雇用対策協議会に寄付をし、障がい者の雇用定着に役立てていただいています。

80年間、一緒に働く仲間 そして大切な戦力。

レッキス工業では障がい者雇用を積極的に推進しています。きっかけは戦時中の人手不足。1937年(昭和12年)に始まった日中戦争では、一般工員の多くが軍隊に徴用されてしまい人手不足で工場の稼働が難しい状態でした。当時、大阪市聾唖学校を訪れる機会があった創業者の宮川作次郎は、耳は聞こえなくても黙々と作業に打ち込む人たちの姿に心を打たれ、この人たちに技術を教えて旋盤工に育ててみようと考えました。当時は、まだ先例のない身体障がい者雇用の先駆けとなり、その精神は絶えることなく今に受け継がれ、欠かすことのできない大切な戦力、仲間となってくれています。

コミュニケーションを図ることが障がい者の就労定着につながると考えているため、全体朝礼や職場ミーティングなどの社内通達や連絡には、必ず手話ができる者がいる状態で行っています。

聴覚障がい者のいる上長は手話を習得し、入社員教育の研修の中にも手話を組み入れています。また、業務開始や休憩時間などを知らせるためのパトライトの設置といった就労環境や障がい者研修施設なども整備しています。

レッキス工業では、全従業員のうち6.1%にあたる11名の障がい者が働いています。(2016年3月末時点)。製造、事務など幅広い分野で活躍。中にはリーダーになる人もいます。

業務の他にも、親睦を目的とし、レッキス工業に勤務する聴覚障がい者自身が作り運営している「みさき会」。2年に1回の旅行などを行い交流しています。

お客様にお会いして直接ご意見をお聞きしないと、モノづくりはできません。

レッキス工業のモノづくりの考え方の根本は「お客様の心を捉えるものを造る」。安全・安心・安定という価値はもちろん、独自性・感動・創造性の3つを開発のポリシーに、現場作業ごとに最適な商品の提供を志しています。実際に使っていただく作業者と作業現場に密着した商品開発のために、お客様の声に耳を傾け共に歩んでいきたいと考えています。そのために必要なのは作業現場を見ること、お客様の窓口となる営業部門はもとより、開発・製造組み立て現場、サポートに至るまで部門・職域にかかわらず、外に出て、自分たちの製品が使われているシーンに実際に接すること、声を聞くことこそが「心をとらえる」基本姿勢だと考えています。

毎日かならず一度は、会社の中を回るようにしています。

この習慣は7〜8年前から。出張などの外出がない限りは、営業だけではなく、開発・製造といったすべての部門を回るようにしています。
それまでのレッキス工業はトップダウン型の組織で、会議でも『どうなっている?』とこちらから水を向けないと、みんな口を開いてくれない。これではいけないな、と思い会社の中を回ることにしました。実際に部屋から出てみてわかったことは、みんなの表情が毎日違うこと。元気なさそうだな、声が小さいなと思うとやはり残業が多かったりする。笑顔がバロメーターで、そこを見ています。仕事や製品のことを話すこともありますが、休日や家族のことなど本当にたわいないことの方が実は多い。話をしなくても「どや?」って声をかけるだけで、みんなの顔を見ることができる。

そんなことを続けるうちに、会議でも自分から発言してくれるようになり、『指示待ち』や『やらされ感』みたいなことは目に見えて減り、気持ちの面だけではなく、品質や生産性の向上といった成果に繋がるようになりました。
経営者としてお客様が大切なのは当然のこと。しかし、働く人が元気になることで、優れた製品が生まれ、ユーザーの満足に繋がる、そして地元のみなさんとも良い関係を築くことができる。
弊社の「三利の向上」はお題目ではなく、とても身近なことから始めることができる、ということを改めて実感しました。

−代表取締役社長 宮川純一 −

レッキス工業の考える「モノづくり」という言葉には、製品の加工や組立だけを指すものではなく、
安全に使ってもらうための品質の高さ、長く使ってもらえる充実したサポート体制、
そして作業の快適性を使ってもらいたいという思いが込められています。

REX PIPING SOLUTION

「切る」「継ぐ」「環境保全」をテーマとして、ライフラインを支える配管設備の課題解決にREXならではの独自性と創造性で貢献します。

製品を探す